東京開業ワンストップセンター

English
東京開業ワンストップセンター通信 新起業人@
東京開業ワンストップセンターは、会社の設立に必要な各種手続にワンストップで対応する相談窓口です。「新起業人 @」は、センター利用者の声をはじめ、サービスの内容やイベント情報をお知らせしています。

バックナンバー

08

利用者リレーインタビューPDF ダウンロード

柳 匡裕 さん

プロフィール/ろう者であり、手話カフェ「Sign with Me」のオーナー。グラフィックデザイナーや車両研究開発、障がい者就労支援業を経て、ろう者が中心となって働く手話カフェを開業。

柳 匡裕 さん

4年ほど前に手話カフェを開業。
2号店の出店にあたり法人化を目指す

4年ほど前に個人事業として東京・本郷にスープカフェを開業しました。スタッフにはろう者も聴者もいますが店での公用語は手話。手話カフェと呼ぶ所以です。その2号店を出店するにあたり、資金調達のために社会的信用を高める必要があり、法人化を目指しました。
今後の社会勉強のためにも自分で法人取得の手続きをしてみようと考え、トライしてみることにしました。早速ネットで調べてみると、とにかく設立代行とかその手のサイトに誘導されるばかりでさっぱり要領を得ない。そこで区役所に相談に行ったら、東京開業ワンストップセンターのパンフが置いてあったんです。

初のろう者の訪問に最初は戸惑ったようですが要望がわかると気さくに相談に応じてくれました

何から始めればいいのかさっぱりわからなかった私としては、センターのパンフにその手順がわかりやすく表現されていたのでとても助かりました。センターとしても、ろう者の相談は初めてだったらしく、最初こそ筆談でたどたどしくコミュニケーションをとる感じでしたが、こちらの要望がわかるとじつにスムーズに話が進みました。これとこれが必要ですよとか、そのために専門家に相談してみましょうとか、とても気さくかつ柔軟に対応してくれました。「自力での法人設立は面倒くさいよ」と知人は口を揃えて忠告してくれましたが、思ったほどではなかったですね。

さらなる雇用創出、職域開発を目指して第二、第三の事業を手がけたい

こうして設立したのが「一般社団法人ありがとうの種」です。障がい者は「ありがとう」と言うことはあっても言われることは少ない。だからこそ、障がい者が「ありがとう」と言われる環境を創りたかったんです。しかも、ろう者である当事者の私が創ることに大きな意味があると考えています。
これからもさらなる雇用創出、職域開発を目指して、第二、第三の事業を手がけていきたいですね。

私からのワンポイントアドバイス

就労支援にしても開業・起業支援にしても、世の中はマジョリティ向けサービスがほとんどです。そうした中にあって、東京開業ワンストップセンターはマイノリティにも優しいサービスになっているので利用価値は高いです。ぜひご活用を!

相談体験会参加者募集中!

詳細・お申し込みはこちら

PAGE TOP
Copyright © Tokyo Metropolitan Government.All Right Reserved.